三遠山の一角 東濃屈指の技巧派・土造りの城
明 知 城 
■場所:恵那市明智町 ■別名:白鷹城 ■築城年:宝治元年(1247)
■築城主:遠山景重 ■城形式:山城 ■標高:528m  ■比高:70m
■城遺構:畝状空堀・竪堀・堀切・土塁・土橋・虎口・井戸

明知城は岩村・苗木と共に三遠山と呼ばれた明知遠山家の居城です。宝治元年(1247)源頼朝の重臣、加藤次景廉の孫である明知遠山氏の始祖、景重の築城による遠山家累代の居城となりました。天正2年(1574)武田勝頼が2万の大軍をもって東濃の諸城を攻略し、三河、尾張、遠江、駿河への拠点であった明知城を目指しました。信長は明知城を救援するため、兵3万を率い明知城の西方鶴岡山に布陣するも、動くことができず兵を引いたため、その後、援軍を失った明知城は落城しました。落城の詳細については織田方の軍記物『信長公記』と武田方の軍記物『甲陽軍艦』では違った記述がみられます。また明知城は武田軍によって落城した後、美濃・三河侵攻の拠点として改築が行われたと云われています。天正3年(1575)、織田信忠を総大将とする織田勢は武田方に占拠された諸城を次々に奪回し、明知城も再び織田方の城となりました。本能寺の変を経て明知城は森長可の支配となり、森氏転封後は田丸氏が岩村城に入城したことにより明知城も田丸方となりました。関ヶ原合戦により、明知城は再び遠山利景のものとなりましたが、山上の城に替わって麓に陣屋を築いたことで、城は政庁としての機能を終えました。

【戦国〜江戸時代の歴代城主】
→遠山景行→遠山一行→武田氏支配→遠山一行→遠山利景→関左門(森氏城代)→田丸氏支配→遠山利景→遠山方景→遠山長景
→遠山伊次→遠山伊清→遠山景昵→遠山景達→遠山伊氏→遠山景祥→遠山景珍→遠山景高→遠山景福  (明治維新)
  ※遠山一行→遠山利景との城主交替時期については異説があるかもしれません
  ※方景の時に城を配して陣屋を置く。当主は江戸在府のため陣屋は代官の村上氏が代々統治

@城の遮断線(畝状竪堀群と竪堀・堀切)
明知城は天険の地形を巧みに利用した山城址です。石垣の城郭ではなく土盛りの砦として大小23箇所もの保塁を配備した様は、遠山三家の城(岩村城、苗木城、明知城)の中でも一味違った面白みがあります。これらの遺構が原型のまま残っている状態は全国的に見ても少ないのだそうです。また東濃地方では非常に珍しい畝状竪堀が使用されている城址でもあります。このことは武田家による明知城の支配と関係があるのかもしれません。竪堀、横堀、畝状阻塁が見事に合わさった技巧的な城郭構造は必見です。
  
出丸下の畝状竪堀群 搦手側の登城口(竪堀を利用)
本丸下の大規模な畝状竪堀群 本丸下の大規模な畝状竪堀群
切岸と土塁に挟まれた登城道(空堀) 出丸下の竪堀跡 三の丸下の切通し跡

A主郭周辺の砦址
明知城址を歩くと所々に立て看板が設けられていますが、砦址を示す立看板が多いことに気づきます。ここに表示されている名称はおそらく後世に命名されたものであると思われますが、この立て看板があるおかげで、容易にそこが砦跡だと認識することができます。これらの砦跡や曲輪は堀切や空堀によって区画されています。中には空堀の外側に存在する曲輪もあり、これらは城の改修や城域の見直しによって切り捨てられた曲輪群なのかもしれません。東の丸跡には内部を土塁で仕切った貯水池跡があります。現在、水は貯められていませんが、当時は城址の東13丁にある広明の団子杉を水源として丸太樋を使ってこの水源地へ通していたそうです。
伝天神西砦址 伝秋葉山砦址
万ヶ洞天神(天神西砦?) 本丸北砦跡 秋葉山砦跡
伝搦手砦址 伝大手門東曲輪址 伝大手門東曲輪址
搦手砦跡 大手門東曲輪址 空堀跡(畝堀)
伝貯水池址 伝東の丸砦址
東の丸 と 貯水池跡 空堀で孤立した曲輪跡 東の丸南砦跡
伝三の丸下第二砦址
二の丸東砦跡 三の丸下第二砦跡 出丸下砦跡

B本丸・二の丸・三の丸
明知城は土盛りの城であるためその縄張りは複雑です。城の最高所が本丸となっており、本丸の一段下には二の丸、三の丸の曲輪が広がっています。二の丸は本丸の東下にあり東西十七間、南北十一間となっており北側と東側は絶壁になっています。三の丸は腰曲輪となっており本丸の南下、西北隅へ幅四間から六間の曲輪となっています。その昔この場所において丸太や石を落として武田勢を防いだと伝えられています。
本丸跡 三の丸から見上げた本丸跡(切岸)
二の丸跡 三の丸跡 伝 本丸城門礎石

C出 丸
本丸の南方面に位置する出丸は東西十七間、西北十四間となっており、城塞の本拠として今も石垣門の跡が残っています。そして水の口砦を眼下にして本丸以上に重要視されたところです。三方は急峻な切岸となっており、猿落しともいわれるその絶壁は猿も登れずに引き返すという山城防塞独特の形を呈しています。主郭以上に堅固に守られている出丸は城主と並び立つ有力者が居住していたのではないかとも推測されています。
出丸跡の切岸 三の丸下砦付近から見た出丸跡
出丸城門の石垣群 出丸内部 主郭から出丸への連絡路

C明知陣屋址(代官所)と千畳敷(落合)砦跡
関ヶ原合戦で徳川家康の下で戦い旧領に復帰した明知遠山家は約6500石の旗本として存続します。元和元年(1615)になると旗本二代領主遠山方景は江戸に邸宅が与えられ、その結果明知城は廃城となり、代わりに城山下の大手門近くに新たに陣屋がおかれることになりました。陣屋は村上氏が代官として統治しました。現在でも土蔵跡などが村上氏代官屋敷の面影をとどめています。一方、千畳敷(落合)砦は明知城の西南に当たる台地に戦略上重要な地点として築いた砦と伝えられます。この砦の東をはしる南北街道を一望し、いざ戦いともなれば城山の各砦と呼応して前線基地となり、出城の役割を果たし、物見、のろし台などもあり戦略上のひとつの拠点であったと考えられます。
陣屋址付近の池(堀か?)       
明知陣屋の水堀址と土居 千畳敷(落合)砦跡

<明知城へのアクセス>
駅から徒歩 明知鉄道明智駅前から延びる道を南へまっすぐ進むと八王子神社に突き当たりますので、ここを右折し100m程進むと細い石畳の道と交差します。石畳の道を左折後、突き当りを右折し、さらに進むと前方に大正ロマン館が見えてきます。大正ロマン館前の道を右折すると大正ロマン館の裏手にある茅葺の古民家(旧三宅家)の前を通り過ぎ畑に出ます。畑を越えた先が明知城の万ヶ洞天神(天神西砦)となります。または大正ロマン館前の道を左折すると明知陣屋跡(代官所)に出ますので、明知陣屋跡裏の土手を登ると稲荷神社の小さな鳥居がたっています。この横が大手道の登城口となっています
 
車での場合
明智駅から見て国道363号線を右折するとすぐ左手に観光駐車場がありますので、ここに駐車し、大正ロマン館の裏手にある登城口を目指して歩いていきます。または明智駅前の国道363号を岩村方面に向かい、途中の市場町交差点で右折し、県道33号線に入ります。1km程直進すると右手に明知城跡ののぼり旗が立ててありますので、ここを右折した突き当りが搦手側駐車場となります。5台程は駐車できます。

戻 る