阿寺城(あでら) 武田軍との激戦の舞台

【阿寺城南側の三重堀切跡の一部】
【歴 史】阿寺城を居城とした阿寺遠山氏は遠山七頭のひとつです。武田氏侵攻の際には、苗木城主となった遠山友忠の次男、友重が守っていました。武田軍の猛攻をよく防ぎましたが、水の手を断たれたことで落城し、友重は自刃したといわれています。苗木城にも近く、遠山氏の城郭の中でも重要な軍事拠点として重視されていたようです。尾根上に設けられた曲輪を堀切で3つに区画しており、最上段の曲輪には現在、御嶽神社が鎮座しています。御嶽神社の背後には驚くべきことに3重堀切が良好な状態で現存しています。このことからも阿寺城がただの支城ではなく、重要な拠点として機能していたことが窺い知れます。比高は100mほどですが、登城口は手賀野配水池の左手にある側道を進み、貯水池の端に架かる幅30cm程の小橋を渡った後に、沢を越え、そこから急坂の御嶽神社登城道を辿ります。他にも国道363号からの登城道があるようですが、配水池から辿る方が道がわかり易いとのことです。

■場所:中津川市手賀野斧戸 ■築城主:遠山氏
■別名:阿照羅城、中津川城、斧戸城 ■城形式:山城
■築城年:不明 ■城遺構:曲輪・空堀・堀切・土塁・石垣・土橋・虎口
■標高:560m ■比高:100m


【主郭跡南側に鎮座する御嶽神社】

【阿寺城主郭跡】

【堀切跡(三重堀切のひとつ)】

【曲輪間を分断する堀切と土橋跡】

【阿寺城の北側虎口跡】

【土塁跡】

<阿寺城へのアクセス>
中津川市内の国道19号線手賀野交差点を多治見方面から見て右折(南進)し、そのまま2km弱の道のりを直進(途中の分岐は左側の道を選択)、手賀野配水池をめざします。因みに私は手賀野配水地入口のフェンス前に車を止めさせてもらいました。手賀野配水池入口から40m程戻った地点に東側へ分岐する道があるので、その道の突き当りを右に折れ直進すると手賀野配水池の裏側に出ることができ、配水池を越えたところにある沢を渡ると御嶽神社登り口の案内があります。ここが登城道となっています。