今城 可児郡の土豪小池氏の城

【登城口の城址碑】
【歴 史】今城は、天文年間(1532〜1555)に、小池家継が築城したといわれている。比較的規模の小さい山城であり、土塁に囲まれた曲輪がほとんど破壊されずに残っている。永禄8年(1565)に中濃を平定した織田信長は、森可成を金山城主とし東美濃の旗頭とした。小池氏は可児市南西部を支配していた地方豪族であったが、この時期に信長に帰順し、森氏の家臣になったとされる。天正10年(1582)に信長が本能寺の変において討たれると、それまで森氏に従っていた東濃の武将たちはこぞって反旗を翻し、小池氏も同様に反抗したが、森長可に鎮圧され、長可の命により今城を立ち退き、帰農したといわれている。『本文は現地案内看板を参照』
 現在、今城は地元の方の努力により、木々等が伐採され、開放的で明るい城址公園へと変貌しています。城址内には史跡表示や説明看板なども立てられており、可児市の城址の中では一番見学しやすい城址だと思います。

■場所:可児市今 ■築城主:小池家継
■別名: ■城形式:山城
■築城年:天文年間(1532〜1555) ■城遺構:曲輪・空堀・堀切・土塁・土橋
■標高:160m ■比高:20m


【伝 三の丸跡】

【伝 本丸跡】

【桝形虎口跡】

【伝 二の丸跡】

【本丸跡の喰違い土塁】

【本丸と二の丸間の空堀】

<今城へのアクセス>
可児市方面から多治見市方面へ抜ける国道248号線姫が丘4の信号交差点を過ぎてすぐ本線から外れて左側に降りていく分岐があります。ここを本線から外れて左側に降り、突き当りを右折します。次の今交差点を直進すると「この先行き止まり」と今城址入口の看板がありますので、ここで右折します。100m程進むと左側に「今老人憩いの家」の建物があり、建物の左側から奥に伸びる道を進むと今城址の登城口があります。車は老人憩いの家の前のスペースに止めさせていただきました。建物の左端にも城址を示す表示があります。