明智長山城 (あけちながやま) 明智光秀の居城か

【明智長山城址碑】
【歴 史】明智城は周囲に土塁や逆茂木を廻らせた中世の典型的な山塞であり、康永元年(1342)から215年間、明智氏の居城だったといわれている城址です。弘治2年(1556)斉藤義龍に攻略され壊滅したと伝えられています。
地元では明智光秀ゆかりの城郭として取り扱われておりますが、それについては昔から恵那市明智町の明知城と本家を争っています。城内には曲輪や堀切跡と思われる場所が明示されていますが、『岐阜県中世城館跡総合調査報告書 第3集』によれば、人工的な遺構ではなく自然地形であると、その信憑性を疑われていたりします。実際のところ可児市内の他の城址と比べてみると、明智城は土塁や空堀といった山城特有の明瞭な遺構が少ないように思います。しかし近隣の可児市郷土歴史館には明智城の立体模型が展示されており、地元ではあくまでもこの場所を明智光秀ゆかりの明智城址としてPRに努めています。

■場所:可児市瀬田 ■築城主:土岐頼兼
■別名:明智城 ■城形式:山城
■築城年:康永元年(1342) ■城遺構:曲輪・空堀?
■標高:130m ■比高:20m


【明智長山城本丸跡】

【明智長山城址碑】

<明智長山城へのアクセス>
東海環状自動車道可児御嵩インターを出て国道21号線を右折し、次の「柿田」の信号交差点を左折、県道381号線に入ります。県道381号線を1.5km程南進し、花フェスタ記念公園西ゲートを過ぎた次の「羽生ヶ丘1」の信号交差点を右折します(この道を反対方向から来たときには交差点の左側に「史蹟明智城」の案内表示があります)。直進して200m程のところにある「羽生ヶ丘二丁目」のバス停を過ぎたすぐの角を右折後、道なりに400m程進んだ最初の角を右折、少し進むと右斜め後方に登っていく道が現れるので、この道を右折し登っていった突き当りは長山配水池となりますが、長山配水池に至る手前の分岐左側が明智長山城址です。車3台分くらいの駐車スペースがあります。