根本砦(ねもと) 土豪若尾氏の居城

【根本城址碑】
【歴 史】根本砦址は、高社山の北東、標高285mの通称「城山」に位置します。戦国時代の後半に若尾氏が築き、山麓には御殿屋敷を構えていました。本能寺変後、金山城主森長可は可児郡平定にのりだし、この時、根本城主若尾甚正は長可に降伏し、大原・根本・小木の所領を安堵されました。城址は元昌寺の西方の通称城山といわれる海抜290mの小山の頂上にあり、深さ4mほどの堀切や土塁、竪堀などもみられます。山の南北の突端部には見張り台を置いたと考えられる平地があり、戦国時代の典型的な中世城塞の姿をとどめています。若尾氏の出自は甲斐国で武田氏の家臣と云われています。文献には「物見矢倉は今の城山にて中坂に旗挙の松あり。井戸等在りてよく人の知る所なり。又城山の北東に屋敷在り、堀を深くし塁を高くして用意堅固の備えをなす」と記されています。近くに御殿跡や代官屋敷跡と呼ばれる史跡がありますが、一部住宅や工場の敷地となっています。

■場所:多治見市西山町 ■築城主:若尾甚正か
■別名: ■城形式:山城
■築城年:天文20年(1551)以降か? ■城遺構:曲輪・竪堀・堀切・土塁・虎口
■標高:280m ■比高:80m


【根本砦の堀切跡】

【伝 旗揚げの松】

<根本砦へのアクセス>
中央自動車道多治見インター出口を出たら右折し、国道248号線に入ります。そのまま4kmほど直進し、歩道橋のある「大針町南」信号交差点を左折(斜め後方に戻る感じで左折)、そのまま途中の分岐を無視しながら本線に沿って1.5km程進むと、右側にレザックスという看板がある工場が見えてきます。この工場を通り過ぎたすぐ左横の小道を右折し入っていくと、裏にもうひとつ別の工場があり、この建物の右端に根本砦の説明看板が設置されています。この説明看板の裏側に登城口があります。車で来た場合、付近には車を駐車するスペースがありませんので、工場の方に許可を得て敷地内に止めさせていただかないといけません。