前田砦(ぜんだ) 上村合戦で武田軍と対峙した砦

【前田砦の堀切跡】
【歴 史】元亀3年(1572)の上村合戦の際に明知遠山景行の武将である門野兄弟が千人の兵で前田砦に拠り、武田軍の秋山信友に対峙したそうです。『丹羽氏聞書』には原弾正が城主であったと記されています。遺構は八幡神社から城山稲荷へと続く参道の右側上に広がっています。堀切や竪堀などの遺構は参道からも十分見ることができます。

■場所:恵那市上矢作町本郷 ■築城主:遠山氏か
■別名: ■城形式:山城
■築城年:不明 ■城遺構:曲輪・空堀・竪堀・堀切・土塁・櫓台
■標高:520m ■比高:60m


【前田砦跡の切岸状の遺構】

<前田砦へのアクセス>
恵那市内の国道19号線を正家交差点から国道257号線へと南進し、途中に「道の駅 ラ・フォーレ福寿の里」を経て22km程直進すると、長野県平谷村へ抜ける国道418号線との分岐点が現れます。ここを国道418号線へと左折し、さらに1.2km程進むと左側にJAひがしみの上村支店があります。JAの右側に八幡神社の鳥居と石段があるので、この石段を登っていき八幡神社を抜け、山の中にある城山稲荷に向かう参道を進みます。参道途中の右側に横たわっている切岸のような丘陵が前田砦跡となります。車は八幡神社から400m程先に進んだ上矢作小学校横の空き地(旧庁舎跡?)に止めさせてもらいました。