うこそ!東濃戦国記 
東濃地域の戦国時代・城跡など紹介してま
アクセスカウンター
最終更新日:平成30年11月17日

城址探訪記を更新しました
menu 東濃の城址紹介 東濃の戦国歴史 東濃の城主一覧 岐阜県の城址と100名城 城址探訪記/リンク等

【岐阜県東濃地方とは】
 多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市からなる東濃地方(現在の可児市周辺も東濃に含む場合有)は岐阜県の東南部に位置し、愛知県や長野県と県境を接している地域です。そのため名古屋文化と信州文化が混ざり合い岐阜県の中でも異種独特な文化を形成しています。東濃西部は全国的に名高い美濃焼の一大生産地であり、東濃東部は栗きんとんや裏木曽の東濃ひのき、恵那市山岡町の寒天などが特産物として有名です。室町時代初期には美濃守護土岐氏の本拠が置かれており、室町時代末期になると西美濃に進出した尾張の織田氏、三河の松平氏、信濃の武田氏、飛騨の三木氏といった戦国大名に囲まれた折衝地となりました。江戸期の幕藩体制下では岩村藩と苗木藩が成立し、中山道の落合宿、中津川宿、大井宿、大湫宿、細久手宿などの宿場町も整備される一方、恵那から名古屋を結ぶ下街道も中山道の脇往還として多いに賑わいました。


東濃の七名城をゆく  ※東濃地域の中でも歴史的・遺構的にも特に貴重な7つの名城を紹介します
苗木城
岩村城
明知城
神篦城
小里山城
妻木城
美濃金山城
 国指定史跡  県指定史跡  市町指定史跡  未指定
 ↓ 城名をクリック!
  苗木城  国史跡 木曽川を眼下におさめる景勝地。苗木藩1万石の居城! 中津川市苗木
  岩村城  近世日本三大山城のひとつ。岐阜県を代表する日本百名城! 恵那市岩村町
  明知城  岩村、苗木と並ぶ遠山三家の居城。東濃でも良好な土塁の城! 恵那市明智
  小里城(城山)  不等辺多角形の伝天守台が安土城の試作では?と物議された城! 瑞浪市稲津町小里
  神篦城  東濃の古城。岩村城奪回戦においては織田軍の主城を果たす! 瑞浪市土岐町
  妻木城  東濃西部で最大の居城。侍屋敷跡は県下秀逸の遺構! 土岐市妻木町
  美濃金山城  国史跡 『鬼武蔵』と呼ばれた森長可の居城。蘭丸誕生の城! 可児市兼山

他の東濃城址をめぐる ※東濃地域には七名城の他にも多くの魅力的な城址が存在しています
  阿寺城  三重の連続堀切が残る激戦の城 中津川市手賀野
  阿木城  円形の主郭が特徴的、安木遠山氏の居城か? 中津川市阿木
  広恵寺城  苗木遠山氏初期の居城 中津川市福岡字上植苗木
  馬籠城  木曽への入口を押える街道の城 中津川市馬籠
  飯羽間城  岩村城に程近い飯羽間遠山氏の居城 恵那市岩村町飯羽間
  下向手城  北方を守るコの字型の土塁が特徴的な城 恵那市山岡町下向手
  上向手城  在地土豪勝氏の居館跡 恵那市山岡町上向手
  釜屋城  在地土豪勝氏の詰城か? 恵那市山岡町釜屋
  山田城  明瞭な土塁と大きな空堀が残る城 恵那市山岡町馬場山田
  鷹撃谷城  大井城跡とも推定される城 恵那市大井町
  久須見城  木曽川の畔 良好な堀切・土塁が残る城 恵那市長島町久須見
  前田砦  上村合戦で武田軍と対峙した砦 恵那市上矢作町本郷
  刈安城  信濃守護 小笠原家侵攻の伝承が残る城 瑞浪市釜戸町
  釜戸陣屋  壮大な土塁が巡る旗本馬場氏の陣屋跡 瑞浪市釜戸町
  戸狩城  戸を刈り集めて作られたのが名前の由来の城 瑞浪市明世町戸狩
  美濃高山城  下街道を押さえる要衝の城 土岐市土岐津町高山
  細野城  三河国との境目の城 東濃西部の隠れた名城  土岐市鶴里町細野
  大富館  美濃守護土岐氏の居館跡 土岐市泉大島町
  根本砦  在地土豪若尾氏の砦跡 多治見市西山町
  池田城  池田恒興に関連する城址か? 多治見市池田町
  多治見国長館  地元では有名な英雄の館跡 多治見市新町
  明智長山城  明智光秀で有名な明智氏の城か? 可児市瀬田
  大森城  在地土豪奥村氏の居城 可児市大森
  久々利城  可児郡の有力者 土岐三河守代々の居城 可児市久々利
  今城  在地土豪小池氏の城 可児市今
  顔戸城  斎藤妙椿の隠居城として築城 可児郡御嵩町顔戸
  御嵩城  本陣山と権現山 2つの御嵩城 可児郡御嵩町御嵩、御嵩町中
 

必見! 管理人のお薦めリンク →
ビジュアル発見 村上城



ンクを貼られる際はこちらのバナーをご使用下さい。
リンクはフリーですがその際はメールしてください
    (メール)
※迷惑メール対策のためアドレスの最初の文字をわざと
大文字にしてあります。小文字に直して送信してください

Copyright(c) higashimino hikomaru 2001, All Right Reserved
HPの内容を断りなく改訂、複製、転載する事を禁じます。